紙袋はアレンジ次第でいろいろなものへ作り変えられる

紙袋は実は優秀な素材です。

アレンジ次第でいろいろな物へと作り変えることが可能なのです。



例えば、絵柄が素敵なものであれば、切り抜いてフレームに入れるだけで素敵なアートフレームへと変わります。

壁にかけるだけで部屋の空間ががらっと変えられる素敵なインテリアになります。

机の上や棚の上などにさりげなく置いておくだけでもお洒落で素敵なインテリアになります。
紙製で、はさみを入れるのも大変簡単なので、簡単にアレンジをすることが出来るのも紙袋の魅力の一つです。


他には、デザインを生かしたブックカバーや、スマートフォンカバーに作り変えることも出来ます。
型紙さえあれば何個も作ることが出来ます。いろいろなデザインのもので作れば気分次第で使い分けることが出来て楽しいと思われます。
収納アイテムとしても優秀なのが紙袋です。

ちょっとした日用品をきっちりと収納するのが苦手だと言う方は、紙袋に入れて部屋の片隅にさりげなく置いておくと良いでしょう。



紙袋ならば置いていても部屋を雑多な印象にさせないので、収納アイテムとして大変有効利用出来ます。


もう少しアレンジを加えて、高さを調節しながら切り取ると、引き出しの中などを仕分けることが出来る仕切りとして使うことが出来ます。机の上などの散らばりがちな小物を片付けるためにも使うことが出来ます。
このようにアレンジ次第で様々なものへと作り変えることが出来ます。


こういった使い道があると言うことも知っておくべきです。

4meee!情報はこちらです。

人に言いたい売買

不要な紙袋の再利用法についてご紹介します。洋服を購入した時にもらった紙袋は、衣類ケースの仕分けに使うと便利です。...

more

基礎知識

洋服を買ったり雑貨を買ったりすると、可愛い紙袋に入れてくれたりしますよね。持って帰るまではテンションが上がるのですが、家について中身を出してしまうと紙袋がとても可愛くても持っていても使わないので、捨ててしまう人も多いと思います。...

more

身に付けたい知識

昭和の時代は買い物したものを入れるのは紙袋でした。食料品でも衣類でも、日用品でも紙袋に入れてました。...

more

納得の真実

色、柄、素材もデザインも、おしゃれで凝ったショップの紙袋は、ついついもらって数も溜まっていくものです。でもただ溜めこんで死蔵させてはもったいないもの。...

more