洋服屋さんの紙袋はとっておくととっても便利です

洋服を買ったり雑貨を買ったりすると、可愛い紙袋に入れてくれたりしますよね。



持って帰るまではテンションが上がるのですが、家について中身を出してしまうと紙袋がとても可愛くても持っていても使わないので、捨ててしまう人も多いと思います。
しかし、残しておくことで紙袋は色んな場面で使うことができます。
まず一つ目は、セカンドバッグとして使用するということです。


どこかお出かけする時などメインのバッグには入りきらないものや、ちょっとしたものを入れるのにとても便利です。

使い捨てとまではいきませんが、汚れても気にしなくてよいので、気軽に持ち歩くことができます。
二つ目は、ご近所の方や友人などにちょっとした贈り物をするときです。
例えば実家からたくさんの野菜や果物が届いた時、自分達だけでは食べきれないのでご近所さんや友人、職場の方たちにおすそ分けをしたりしますよね。



おすそ分けをすることで、その人との関係性も良くなりますし話す機会ができますので、相手のことをもっと知ることができます。そうした時にビニール袋で渡すよりもかわいい袋に入れて渡した方が、もらった側もテンションが上がって嬉しいですよね。
三つ目は、新聞紙やチラシなどの紙をリサイクルするのに出す時に使用するのに便利なことです。紙をリサイクルするのですから、当然ビニール袋ではなく紙でできた袋に入れますよね。


わざわざ買うのももったいないので、買い物でもらった紙袋に入れると良いでしょう。

T-SITEについて知るならこのサイトです。

紙袋はさまざまな場面で使えますので、すぐに捨てるのではなくとっておくととても便利なのです。