衣類の仕分けに役立つ紙袋

不要な紙袋の再利用法についてご紹介します。

洋服を購入した時にもらった紙袋は、衣類ケースの仕分けに使うと便利です。特に下着や靴下などといった小さいものの仕分け収納として、大いに役立ちます。紙袋の取っ手部分である上部半分を内側に入れ込んで、箱状にしたら仕分け箱の完成です。

衣類ケースの高さや入れるものの高さに合わせて入れ込む量は調整しましょう。取っ手部分がもたつくようであれば、切って箱を作るとよいです。


上部の不要な部分を折りこむことにより側部の強度が増し、また紙という素材なのである程度の柔軟性に富んだ仕分け箱となります。仕切りのなかった衣類ケースに紙袋で作った仕分け箱を入れて、種類別に仕分けて収納すると乱雑になりがちだった衣類ケースもすっきりとします。


ハンカチ、ミニタオル、ベルトの仕分け箱としてもぜひお薦めです。

またマチの広いものは、子供用の衣類ケースの仕分けとして役立ちます。



子供のTシャツなどは衣類ケースに立てて収納すると収納力もアップします。



仕切りがないと横に並べた衣類が取り出す度に崩れたり、倒れたりして、せっかくきれにたたんで入れても、すぐにごちゃごちゃになってしまうというお悩みの方もいることでしょう。


仕切りで区切ることによりピンと立ったまま収納できるので、子供でも簡単に衣類を取り出すことができ、なおかつきれいな状態のまま保つことができます。

4yuuu!情報なら、こちらをご参考にしてください。

また紙袋に分けて収納することにより、面倒な衣替えのシーズンは、袋ごと取り出して入れ替えることができるので、家事の効率アップにもつながります。