紙袋も有料化になっている

昭和の時代は買い物したものを入れるのは紙袋でした。



食料品でも衣類でも、日用品でも紙袋に入れてました。

時代の移り変わりともに、ビニール製の袋に変わってきました。

紙だと穴が開きやすかったり、ぬれるとよれよれになって使い物にならないことが良くありました。


ビニール袋は水にも強く持ち運びも楽に出来るので多く使われるようになりました。

紙の手提げは衣類などの売り場では使われることが多いです。



紙からビニール製の袋に変わって今、言われているのは資源を大事に。

ごみを減らそう。その為には毎バックの使用を呼びかけています。


確かにビニールは軽いので飛ばされやすかったり、動物たちが誤飲してしまうケースもよく、ニュースでとり上げられています。


また、原料になるオイルにも限りがあります。

毎バックの使用は必要だと思います。毎バックを持って買い物に行っていると袋にお金を払うのがもったいなく感じてしまうことがあります。食料品は毎バックでもなんとも無く入れていますが、衣服などは毎バックで買い物をしている方を殆ど見かけません。
衣服などはお店の袋に入れてもらわないと、万引きしたように思われてしまうことが出てくるからではないでしょうか。

大量に買うと紙の手提げに無料で入れてくれるお店が殆どですが、デパートや駅ビルのショッピングモールなどは、ロゴの入った袋が有料で人が待ち合わせするような広場のところに置かれえていることも有ります。

無料で紙袋に入れてもらっていた時代が懐かしく感じることがあります。

T-SITEの詳細情報を掲載しています。